ブランド買取比較ランキング 最新版

返品が無料のブランド買取サイトのみを集めた比較ランキング

コピー商品の買取と見分け方

ブランドコピー商品の見分け方を紹介!最近ではスーパーコピーのような正規品か見分けのつかないものまで流通してしまっているので、買取に出す際には気を付けましょう。

ブランドのコピー商品

買取に出すブランド品の状態

グッチやシャネル、ブルガリなどの人気商品を模造し、販売しているコピー商品が多く出回っています。


ブランド品のコピー商品は90%が中国で生産され、日本へ輸入されます。


現在は「スーパーコピー」と言われ、一般人では正規品と区別がつかないほど非常に成功に作られたコピー商品も出回っており、被害が後を絶ちません。

ほとんど見分けがつかないブランドコピー

こういったコピー商品は、商標権侵害をしている違法な偽物でありながら、ブランド品とほぼ同じ外見をした商品を格安で所持できるということで、特に若い年代の人が安易に手を出しがちです。


また、コピー商品の被害は偽物と知っていて、自ら購入するということだけではありません。


「本物だと思って購入したらコピーだった」「中古ブランド品をネットで買ったら偽物が送られてきた」など、様々なトラブルの原因にもなっています。

ブランドコピーか確認してから買取へ

自分で購入されたブランド品であれば良いのですが、これがプレゼントとなると自分で識別することが非常に困難です。


コピー商品は違法で制作・販売されているものですから、どんなに精巧なものであったとしても、正しく営業を行っているブランド買取店では売ることが出来ません。


コピー商品かわからない場合

もしも「これ、正規品かどうか分からないな・・・」という場合には、まずは自分で簡単な確認をしてみましょう。


ここでは、有名ブランドでよくあるコピー商品の見分け方について、ご紹介していきます。

これらの複数に該当した場合はコピー商品の可能性が高いと言えます。

ブランドコピーの見分け方

正規品とコピーの違い

ロゴをチェック

カバンなどの合わせになっている部分を見てみましょう。

本物であれば、模様がキレイに繋がっているものがほとんどです。

コピー商品では、模様がつながっていない可能性が非常に高いです。

刻印をチェック

「LOUIS VUITTON PARIS made in ~」というように記載されているものが刻印です。

例えばヴィトンの場合には、ほとんどのコピー商品はmade in Franceですが、正規品ではSpainやU.S.Aを刻印されていることが多いです。

また、アルファベットのOが細長いOではなく、まん丸のOですのでこちらもチェックしてみましょう。


しかし、刻印は非常に精巧につくられていることもあり、判断が難しい場合もあります。

コピー商品の刻印は雑に作られている場合には斜めに書かれていたり、文字に滲みがあったりしますので、注意して見てみて下さい。

縫製をチェック

コピー商品の多くは、縫製が雑に行われています。

カバンや財布の内側まで、綺麗に縫製がされているかを確認しましょう。


質の悪いものだと、表面から見ても縫製がガタガタのコピー商品があります。

また、ベルト部分などは雑な処理がされていると、手で触った時に角が当たり少し痛い感じがあります。

金具(ビス)をチェック

バッグの持ち手などについている、留め具のことをビスといいます。

コピー商品は正規品と金具の形状が異なっていたり、雑な作りになっています。

また、金具が浮き気味に縫製されていることもあるので、横から見て確認することも必要です。

製造番号をチェック

ブランドにもよりますが、ブランド正規品には製造番号がついている場合があります。

お手持ちのブランド品に製造番号がついているか、確認してみてください。

コピー商品か見分ける最終手段

もし、自分でチェックしてみても分からない場合は、ブランド買取の査定に出してみると良いでしょう。


買取側も商標権があるので「偽物」「本物」と教えることは出来ませんが、「お取扱いできない商品です」と差し戻されることがあります。


商品状態が異常に悪い場合でなければ、ほとんどの場合が「コピー商品なので買い取れません」というサインです。

PAGE TOP